【製薬業界で転職する】履歴書の書き方

2014年2月2日

転職には欠かせないもの、、、それは「履歴書」ですね。

製薬業界に限らず、転職する際には必ず履歴書の提出が求められます。

以下、簡単に履歴書の書き方について解説を行います。

製薬業界以外の転職の方も必見の情報ですよ。

大切なことは、履歴書はいきなり書き始めないこと!

先ずは、自分自身のスキル・内面を十分に掘り進めてから、企業がどんな人物を求めているのか?十分に検討した上書きはじめましょう。

履歴書を書く基本的なルールとしては、丁寧な手書きにすること、誤字脱字・書き損じの無いこと、空欄を作らないことの3つ。

細かいポイントとしては、まず日付は、書いた日ではなく提出日(投函日)を記しましょう。

連絡先の電話は固定・携帯どちらでも構いません。

メールアドレスは固定アドレスがお薦めです。

経歴に関しては、社歴が長い人は学歴は最終学歴のみ入学年と卒業年を書きましょう。

職歴は、原則的に在籍した会社を全て記しましょう。

その際、どんなポジションで、どんな仕事をしてきたか簡単に2~3行で書いておくと良いでしょう。

免許・資格は、取得時期の古い順に記入します。

アピールにならない資格をあえて記入する必要はありません。

また、資格名は全て正式名称で書くようにしましょう。

趣味に関しては、例えば単純に「読書」と書くのではなく、どんな本・どんな作家が好きだとか書いておくと良いでしょう。

健康状態は業務に支障がない範囲であれば「良好」で結構です。

本人希望記入欄に何も欠かない人もいるようですが、ここは「貴社既定に準じます」と書いておくほうが良いでしょう。

#職務経歴書の書き方